セノッピー 副作用

 

 

 

セノッピーに副作用がないのか知りたい。体に害のある成分が入っていないのか、摂りすぎると危険なのかを教えてください。


 

 

「セノッピーのどんな成分で副作用がおきるのか?」「セノッピーを過剰摂取するとどうなるのか?」ということが気になるところですよね。

 

この記事では「セノッピー 副作用」について徹底解説しています。

 

 

セノッピーには副作用はないのか?

 

 

結論から言いますと、セノッピーには副作用はありません。

 

セノッピーの主成分は「カルシウム」「アルギニン」「ボーンペップ」です。

 

過剰摂取すると
  • 「カルシウム」・・・便秘や心血管障害のリスクがある
  •  

  • 「アルギニン」・・・胃が荒れる、腹痛、下痢
  •  

  • 「ボーンペップ」・・・特に副作用なし

 

「カルシウム」は摂りすぎると動脈硬化の原因になりうるので、注意が必要です。

 

「アルギニン」はお肉などに多く含まれています。焼き肉屋で食べすぎておなかを下したりするのは、このアルギニンの過剰摂取が原因です。ですが、重大な病気になるような副作用はありませんので、安心してください。

 

「ボーンペップ」はタマゴ由来の成分で、自然の食べ物から生まれた成分なので副作用はありません。ただ卵アレルギーがある方は注意してください。

 

しかし1日2粒の適応量を守ってセノッピーを食べていれば、ほとんど心配はありません。

 

 

乳酸菌の摂りすぎはでおなかを壊す!?

 

乳酸菌は大量にとりすぎても腸に留まることはなく2〜3日で排出されます。
セノッピーに含まれるシールド乳酸菌は、そもそも人の腸内にも存在するので副作用もありませんし、とりすぎによる問題もありません。
逆に言えば、大量にとっても効果に差はないということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

注意するのはアレルギーだけ

 

セノッピーは副作用はほとんどないということがわかりました。
安心・安全の国内工場生産、出荷時の細菌検査により品質も確かなので、安心して毎日食べられます。
ただ、原材料に含まれるアレルギー物質だけには注意してください。

 

 

 

 

 

 

 

セノッピーの原材料名

水飴、麦芽糖、ゼラチン、濃縮グレープ果汁、粉末オブラート、ホエイたんぱく濃縮物、鉄含有酵母、はちみつパウダー、リンゴ果汁末、乳酸菌、納豆菌滅菌粉末、卵白蛋白加水分解物、DHA ・EPA 油、大麦若葉、ケール、ブロッコリー、キャベツ、大根葉、南瓜、さつまいも、チンゲン菜、パセリ、人参、セロリ、苦瓜、ほうれん草、桑の葉、モロヘイヤ、よもぎ、白菜、アスパラガス、トマト、野沢菜、れんこん、/ ソルビトール、香料、クエン酸、光沢剤、乳酸カルシウム、リン酸カルシウム、乳化剤、ビタミンD、キシリトール、ビタミンE、アルギニン、バリン、ロイシン、イソロイシン、V.C、ラクトフェリン、抽出V.E、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B1、V.B6、V.B2、V.A、葉酸、V.D、V.B12、(一部に乳、卵、大豆、ゼラチンを含む)

 

 

 

 

以上のようにセノッピーは1日2粒の適応量を守っていただければ、副作用の心配はほとんどありません。
ただアレルギーを持っているお子様は、しっかりと原材料を確認してから購入してくださいね!


 

詳しい成分についてはこちらをご覧ください↓

 

 

その他の成長をサポートするキッズサプリ等はこちら

ノビルン キッズセノビル

タブレット型(ラムネ味)

ボーンペップ300mg配合
中高生向け
定期コース3回継続
価格:初回1,980円 2回目以降2,980円
容量:60粒(1日当たり2粒)
⇒ノビルン公式サイト

タブレット型(ココア味)

カルシウム、マグネシウム、成長アミノ酸3成分など配合
小学校低学年向け
定期コース3回継続
価格:初回1980円 2回目以降3980円
容量:180粒入り(1日当たり6粒)
⇒キッズセノビル公式サイト